ドラセナ・コンシンネ

ドラセナ・コンシンネ
別 名
科属名 リュウゼツラン科ドラセナ属
園芸分類 常緑低~高木
原産地 マダガスタル
アフリカ熱帯雨林気候区
特 徴 1970年ごろ発見されました。日本では、50種ほど流通しています。
ドラセナの名前はドラセナ“ドラコ”という品種が、幹を傷つけると赤い樹液が出ることから“ドラゴンズブラッド(龍の血)”とも呼ばれておりそこからドラセナという名前が付いたと言われています。
栽 培 最低気温10度以上は必要です。日当りと風通しの良い場所を好みますが、夏期はレースのカーテン等で日差しを少し遮って(遮光)ください。エアコン等の温・冷風に直接当てないようにして下さい。室内で育てているとホコリがたまりやすいため、ときどき濡らしたティッシュなどで葉の表面を軽く拭くか、ベランダに出して上から水をかけます。
水遣りは、生育期間中5~9月は土の表面が乾いたら鉢底より染み出る程度、タップリと与えますが、受皿に溜まった水は根腐れの原因となりやすいので必ず捨てて下さい。
冬場は、土の表面が乾いてから2~3日してから与えてください。肥料は、4~9月の生育期間中はマグアンプなどの緩効性肥料を1ヶ月に1回与えるか、ハイポネックスなどの液体肥料を2週間に1回与えます。
開花時期 なし
花言葉 真実さ


※無断転載・複製・営業利用を禁止いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です