ガザニア

ガザニア
別 名 【和名:勲章菊(くんしょうぎく)】
【英名:トレジャーフラワー】
科属名 キク科クンショウギク属
園芸分類 1・2年草(半耐寒性一年草)宿根草
原産地 南アフリカ
特 徴 色と形が勲章に似ていることから、クンショウギクとも呼ばれる。花は朝開き夕方には閉じる。曇りや雨にも反応して閉じるという。花の大きさは、大輪系で7~8、小さいものでは5程度です。花の基部や花弁にいろいろな文様が入り、美しいものです。色は、白、黄、オレンジ、橙色などがあります。草丈が低く、花壇に植えてよし、プランターなどに植えてもよし、というすぐれものです。花丈は品種によりますが、15cm~30cm。
栽 培 日当たりの良い場所でよく育ちます。丈夫で育てやすいが多湿に弱いため、水はけのよい用土(赤玉土(小粒)5:腐葉土3:川砂2の割合で混ぜた土)を選び水やりに注意してください。多湿が苦手で乾燥気味を好むので、夏や冬は生育がやや鈍るので、水やりも控えめにし、特に冬は土の表面が乾いて2日ほどしてから水を与えるくらいで良い。
植え付け間隔は、約20~30cm間隔位がベストです。花が咲く時期には液体肥料を10日に1回ほどの間隔で与えてください。ガザニアは大きな花を次々と咲かせるために、肥料が切れると花つきが悪くなります。冬越しは、鉢植えのものは室内の明るい場所、霜の降りないベランダの日溜まりや軒下で育てます。庭植えのものは寒冷地では秋に掘り上げて鉢に移して移動できるようにします。平地や暖地では掘り上げなくても株元に腐葉土を敷いて防寒すると冬越しが可能です。寒さにはあまり強い方ではありませんが、霜に気をつければ冬越しはそれほど難しくはありません。
殖やし方は、株分け(3月下旬-5月)、さし芽(9月-10月頃)芽の先端から7cmほど切り取った茎を使用し、さし芽しますが、より株元に近い場所から生えている茎を使用した方が根付きやすく、さし芽しい安いです。土に挿す部分、下の方の葉を取り除いて湿らせた赤玉土などに挿します。タネができない八重咲の品種をたくさんふやしたい場合はこの方法を使います。タネまき(春4月-5月と秋9月)でふやすことができます。
開花時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
         
花言葉 あなたを誇りに思う・身近の愛・潔白・きらびやか


※無断転載・複製・営業利用を禁止いたします。